研究開発体制

  • 「貼る」のさらに先へ。
    開発しているのはラベルの未来です

    ラベルで社会はより良い方向に変えられる、私たちはそう信じています。

  • 貼れない場所をなくしたい。
    「油面用ラベル素材」チームの挑戦

    不可能を可能にした新しいラベル素材は、日本のみならず世界中から熱い視線が注がれています。

  • 持続可能な社会に向けて「PLALESS」で踏み出す大きな一歩

    「PLALESS(プラレス)」は脱プラスチック需要に対応するべく開発した新ブランド。

  • メタリック調なのに、光を透過。未来感をカタチにしたハーフ蒸着技術

    「こんな素材、初めて」。手にした瞬間、誰もがそう口にするLivastaの「ハーフ蒸着ラベル素材」。

  • ラベル業界の常識を塗り替えた易貼付・ブリスターフリーラベル素材

    発表時、業界がざわついたというこの素材、一体どのように生まれたのでしょうか。

  • セキュリティー対策に革命を改ざん防止用ラベル(非転着タイプ)

    セキュリティー対策に役立つとしてさまざまな業界から注目を集めています。

  • 石油資源の使用量削減に貢献。バイオマス原料から生まれたラベル素材

    美しい地球を未来に託すためのチャレンジは、まだ始まったばかり。

モノマテリアルラベル素材

モノマテリアル
ラベル素材

被着体の材質とラベル素材の表面基材および粘着剤層をモノマテリアル(単一素材)化することでリサイクル適性の向上に貢献します。

特徴

表面基材と粘着剤層にポリエステル系樹脂を使用することで、PET製容器とのモノマテリアル(単一素材)化を実現したラベル素材です。

一般的なラベルとモノマテリアルラベルの比較

一般的なラベルとモノマテリアルラベルの比較

PET製容器にしっかり貼ることができ、剥がしたいときにのり残りが少なくきれいに剥がせる、強粘再剥離タイプの粘着剤を採用したラベル素材です。

ペットボトルの洗浄工程で行われるアルカリ温水洗浄で脱墨可能な印刷コートを使用することで、リサイクル適性の向上に貢献します。

ペットボトルの洗浄工程で行われるアルカリ温水洗浄で脱墨可能な印刷コートを使用することで、リサイクル適性の向上に貢献します。

ポリエチレン不使用でありながら、ポリエチレンラミネート加工を施した剥離紙と同程度の粘着剤面の平滑性を実現。

食品衛生法のポジティブリスト(PL)に収載されている原材料で製造された表面コート、表面基材と粘着剤を使用しています。

ラベル素材の粘着剤層として「バイオマスマーク」を取得しています。

バイオマス度40%・認定番号:210377

「バイオマスマーク」とは

一般社団法人日本有機資源協会が認定するマーク。再生可能な生物由来の有機資源であるバイオマス(bio:生物資源、mass:量)を活用し、品質および基準、規格などを満たして生産している商品の目印となります。

「バイオマスマーク」とは

循環経済パートナーシップ(J4CE)に取組事例として登録しています。

循環経済パートナーシップ(J4CE)は、循環経済への流れが世界的に加速化する中で、国内の企業を含めた幅広い関係者の循環経済への更なる理解醸成と取組の促進を目指して、官民連携を強化することを目的としています。

循環経済パートナーシップ(J4CE)

用途

日用品や食品、飲料、化粧品などに使用されるPET製容器の表示ラベル、アイキャッチラベル

用途
用途
用途
用途

製品ラインアップ

品番 表面基材 粘着剤 剥離材
MMP50CA BP401 8SK ポリエステルフィルム(透明) 50μm
(印刷インクが脱墨可能)
強粘再剥離
(ポリエステル系粘着剤)
バイオマス度40%
高平滑グラシン紙(青)
※ポリエチレン不使用

品番検索・技術資料

品番検索・技術資料

印刷用粘着紙と印刷用粘着フィルム、可変情報印字用ラベル素材のラインアップをシリーズごとにご紹介しています。各製品の基材色や、粘着剤のタイプなどをご確認いただけます。

製品に関するお問い合わせ