溶融型熱転写方式の仕組み

Product 溶融型熱転写方式の
仕組み

溶融型熱転写方式とは

サーマルヘッドの熱により、インクリボンのインクをラベルに転写する方式です。
プリンタ本体を小型・軽量に、そして低価格でつくることができる利点から、かつてはパーソナルプリンタの主流であった溶融型熱転写プリンタは、現在FAXだけでなく、パーソナルユース以外の分野でも幅広く用いられています。
工業用途、物流用途などで、特にダイレクトサーマル方式では対応できない耐擦過性、耐候性などの各種耐久性を要する管理用ラベルの印字には、この溶融型熱転写プリンタが今や不可欠といえます。
また、2色カラーやマルチカラーで高品質印字を実現した機種も販売されており、日付やロットナンバーだけでなく、これまで印刷によって表現されていた微細文字や会社のロゴなど、銘板ラベルに必要な情報のすべてをオンデマンドで印字するといったことも可能になってきています。

今後もプリンタのカラー化、高精細化とともに、UL/CUL規格認定の高品質ラベルサプライ、抜き加工機、ラベリングマシンなどとの併用により、その役割は一層大きくなっていくものと思われます。

溶融型熱転写方式

1.加熱体であるサーマルヘッドの熱により、溶融するインクを塗布したインクリボンを加熱し、サプライにインクを転写する。
2.インクが冷えて再固化することにより、サプライに定着する。

溶融型熱転写方式

ヘッドの方式

現在、溶融型熱転写方式のヘッドには大きく分けて2種類あり、それぞれの方式に合ったインクリボンを選定することが必要となります。

  • フラッドヘッド(冷時剥離方式)
    ヘッド下で熱をインクリボンに伝え、インクが軟化・溶融してから、インクが自然冷却してインクリボンのベースから剥離されるまでの距離を長く設定してある方式です。従来、多くのプリンタメーカーがこの方式を採用しています。
  • エッジヘッド(熱時剥離方式)
    ヘッドの端部に発熱体があり、インクが軟化・溶融するとすぐに、インクリボンのベースから剥離される方式で、より高品位の画像印字が可能になります。インクリボンのベースからインクが剥離するタイミングがフラットヘッドタイプとは異なるため、エッジヘッド用のインクリボンを選定する必要があります。

インクリボンの種類

一般にインクリボンは、耐熱・滑性層(0.1~2µm)をコーティングしたベースフィルム(2.5~12µm)とインク層(1~10µm)で構成されています。サプライの種類や用途、またはヘッド方式に合った適切なリボンを選定することが重要です。インク層のバインダー成分の組成面から分類すると、3種類のインクリボンがあります。

  • ワックス系
    バインダー主成分にワックスを50~90%含有しています。ワックス特有の溶融特性を利用することにより、良好なインク転写性を示すことから、主に紙ラベルへの印字に用いられます。しかし、耐熱性、耐擦過性などの耐性に乏しく、長期間の画像保存には適応しません。
  • ワックスレジン(セミレジン)系
    バインダーの主成分にワックス(30~70%)と熱可塑性樹脂の両方を含有しています。インク層を多層構造にすることにより、ワックスの印字転写性の良さと樹脂の優れた耐性を両立したものです。ワックス系に比べ耐擦過性に優れ、情報の信頼性を上げることが可能で、紙ラベルや合成紙ラベルの印字に多く用いられています。物流管理ラベルなどに最適です。
  • レジン系
    バインダーの主成分に樹脂を用いており、耐熱性、耐擦過性、耐薬品性などに優れており、長期間の画像保存が可能で、主にフィルムラベルに用いられます。FAラベル、銘板用ラベル、コーションラベルなどに最適です。

LVIP ラインアップ

LR/FR/HRシリーズ 溶融型熱転写方式対応

LR/FR/HRシリーズ 溶融型熱転写方式対応

高度な耐擦過性、耐候性などが要求される管理用ラベルに適した溶融型熱転写プリンタの対応製品です。特殊耐熱用途対応品もラインアップしています。

品番検索・技術資料

品番検索・技術資料

印刷用粘着紙と印刷用粘着フィルム、可変情報印字用ラベル素材のラインアップをシリーズごとにご紹介しています。各製品の基材色や、粘着剤のタイプなどをご確認いただけます。

製品に関するお問い合わせ

お問い合わせ
トップに戻る