研究開発体制

  • 「貼る」のさらに先へ。
    開発しているのはラベルの未来です

    ラベルで社会はより良い方向に変えられる、私たちはそう信じています。

  • ウエットティッシュ用ラベル素材しっとりした開け心地で繰り返し貼れる

    バランスのとれた粘着力が「しっかり貼付する」のに「しっとり剥がせる」を可能にしました。

  • 高平滑グラシン剥離紙使用ラベル素材ポリエチレンラミネート加工なしでもきれいで滑らか

    見た目の美しさだけでなく、ラベル素材全体が環境に配慮した設計になっている点も強みです。

  • ホットメルト粘着剤使用ラベル素材ラベル製造・廃棄時のCO2排出量を約25%削減

    リンテックが目指すCO2排出量50%以上削減に貢献する強力な製品と期待されています。

  • モノマテリアルラベル素材PET製容器とのモノマテリアル化を実現

    リサイクル効率化の鍵は、容器との単一素材化と洗浄工程でのインク除去機能付与にありました。

インクジェット方式の仕組み

インクジェット方式の
仕組み

インクジェット方式とは

専用インクをノズルから微細な液滴として射出、用紙に付着させる方式。
ヘッドの構造には、ヒーターに電圧をかけることで気泡を発生させ、インクを押し出すバブルジェット方式、
ピエゾ素子の振動によりインクを押し出すピエゾ素子方式があります。

パーソナルプリンタの主役

近年のインクジェットプリンタの低価格化、高性能化、そしてパソコン需要の拡大などを受けて、インクジェットプリンタは一般家庭において幅広く普及しています。かつて家庭でのプリンタの利用といえば、はがきのあて名やカセットレーベルといったモノクロ出力が主流でした。しかし、今ではデジタルカメラで撮影した家族の写真を年賀状にする、といった高画質フルカラー出力が当たり前のことになってきています。これは、アプリケーションソフトの発展もさることながら、インクジェットプリンタの急速な進化が大きな背景としてあるといえます。

インクジェットプリンタの主な特徴としては、パーソナルユースに適した価格帯、静粛性、省スペース、フルカラーでの高品質な出力性能、消耗品の無駄を最小限にした機構などが挙げられます。特にメーカー各社による製品開発スピードが非常に速いこのインクジェットプリンタは、今後、消耗品の一層の低価格化、インクの改良などによる出力物の耐久性の向上、出力スピードのアップとともに、パーソナルユースだけでなく産業用途での利用も進むことが予想されます。

バブルジェット方式

1.ヒーターに電圧をかけることにより、バブルが発生する。
2.発生したバブルの圧力により、インクが射出される。

バブルジェット方式

ピエゾ素子方式

1.電圧をかけると長さが変化するピエゾ素子を利用することにより、タンク内の体積を変化させインクをタンク内に注入する。
2.さらに電圧を変えることにより、ピエゾ素子の長さが変化し、インクが射出される。

ピエゾ素子方式

LVIP ラインアップ

LJ/FJシリーズ インクジェット方式対応

LJ/FJシリーズ インクジェット方式対応

低価格で高品質なフルカラー出力を実現し、パーソナル用としても一般的なインクジェットプリンタの対応製品です。画像の再現性、鮮明性に優れています。

品番検索・技術資料

品番検索・技術資料

印刷用粘着紙と印刷用粘着フィルム、可変情報印字用ラベル素材のラインアップをシリーズごとにご紹介しています。各製品の基材色や、粘着剤のタイプなどをご確認いただけます。

製品に関するお問い合わせ